鼻尖縮小時の鼻先への軟骨軟部移植(耳からは不要)

鼻尖縮小で鼻翼軟骨内側脚の正中縫合を行い、鼻先で左右の軟骨の広がりを中心に寄せるのですが、この時、鼻先が縫い上がってしまう ので、これをそのままにしておくと、ポリービーク変形とも言われるおかしな形になります。
それで鼻翼軟骨の上方~外側に掛けて軟骨を削り、その軟骨を事前に削った軟部と共に上がった鼻先の下方に移植して形状を整えます。鼻尖縮小での鼻先への軟骨軟部移植 この軟骨軟部移植はどこのものを使うかですが、鼻先だけであれば鼻の中の組織でこと足ります。わざわざ耳から取るまでもないです。
もちろん耳から取って移植するのも間違いではないのですが、わざわざ鼻から削った軟骨や軟部組織を捨てて、耳からの組織を使う理由がありません。
しかし、多くの美容外科クリニックでは耳から取って移植している実態があり、患者さんに「鼻からの組織では少な過ぎてダメです。」とも説明しているようです。
しかし写真のように鼻尖縮小時の削った鼻の中の組織だけで横から見てキチンと分かるくらいの変化は出せるものです。
結局は、鼻尖縮小の特にクローズ法は視野が狭いので術者が慣れないと団子鼻の原因となっている軟骨軟部が十分に削り取れておらず、移植に必要な量が確保出来ていないからでしょうが、これはただでさせ効果が出難いと言われる鼻尖縮小において、まだ削れるべき団子鼻の皮下組織を中途で取るのを止めているも同じです。
ですから「鼻尖縮小においては鼻先のへの移植は鼻の中の組織だけで行えます。」と言ってくれる医師に手術をお願いするのが好結果だ出せるものだと思います。