民進党 「日本死ね」の山尾議員 / 心を整形した方が良い

罵倒記事にあるヤジを飛ばした山尾議員は、「保育園に落ちた日本死ね」という匿名ブログを、国会で取り上げ、この言葉を有名にした張本人です。
国会では安倍首相が「匿名である以上、本当なのかどうかも含め確かめようがない」と答弁したのは当然の事ですが、私には待機児童問題の題材は他にもあるのに殊更「日本死ね」の言葉が入る題名のブログを取り上げる日本の国会議員がいることに違和感を覚えたものです。この人は日本人なのでしょうか?

さて先日の審議中は「自民党に入れてもらえ!」とヤジを飛ばし、その後の記者への“ふてぶてしい”応対を読んだので、この人のことを検索すれば、多額のガソリン代(地球5周半分)を経費計上していました。
でも『秘書がやったんですよ。で、何ですか?』というような厚かましい答弁をされています。
画像も検索しましたらこの人は「顔つき」として、厳しい、怒りがあるような顔つきの画像が少なからず閲覧できます。

顔には「顔立ち」と「顔つき」がありますが、前者は美容整形手術で治せても、後者は心の現れですから本人次第です。

ネットで検索すれば、山尾議員は元検察官なんですね。だから体育会系のノリで、「時に暴力を使って自白を 取る検事」みたいな闘争的な「顔つき」もされるのでしょうか。

この手の顔つきの人は当院にはほぼ来ません。患者として「綺麗に」「優しい感じに」「美しく」等を願って来院されるので多くの人は顔つきが良いです。この患者さんたちの願いは私に響きますので、私も一緒に頑張る事ができます。顔つきが悪い