肩幅を狭く:鎖骨短縮にHerbert Scewを使う

Zimmmer Herbert Screw
 米国Zimmer社からHerbert Cannulated Bone Screwが製造・販売されていますが、これは当時最長9cmのものまでありました。
湘南鎌倉総合病院の整形外科部長が、これを鎖骨骨折の手術に使ってみようと言われたのですが、私は略称Herbert Screwは手首の小さな骨の舟状骨での適応ばかりが念頭にありましたから、意外でした。
 しかしチタン性でステンレスより強固であると伴に骨親和性が高く、両端のネジ切りは山の形状を違えて捻じ込めば捻じ込むほど骨接合部に圧迫力が加わるという優れモノで、これを単なるキルシュナーワイヤーの様に髄腔に通すのでなく、骨が軽くS字状にカーブしているのを鑑み、両端のネジ部が骨皮質に噛み込む様に入れるというのは、かなりの強度が得られると納得しました。
 それで湘南鎌倉総合病院整形外科ではHerbert Screwでの鎖骨骨接合術の症例を積み、神奈川県整形外科医会で学会発表しました。ここで私の描いた手術術式のシェーマ(図)もスライドで出ています。
 そういうことでしたから、いつかは美容外科の臨床に役立てと思ったのでした。