「空腹が人を健康にする〜一日一食で20歳若返る」には驚いた

若さの秘密美容外科ナグモクリニックの院長の著作に目からウロコ。確かに南雲先生は55歳より、ずっと若く見えます。

南雲式アンチエイジングの概要を挙げていると、私とは違う事が多いです。以下は私の場合です。

・一日一食なんて無理。食べたい時に食べる。一日二食~六食、但し腹一杯に食べるのは稀。

・米は白米。ただライ麦パンはほぼ毎日食べる。

・野菜を摂るのは面倒でカゴメ野菜ジュースを水代わりに飲む。

・魚はあまり食べない。食べても缶詰。食事に時間が掛るものは嫌。

・お茶もあまり飲まないが、青汁の粉末を健康の為に以前は飲んでいた。

・卵は鶏卵を栄養と思って毎日一個食べる。

・肉は力の源泉。豚肉か牛肉は2日に1回以上食べる。

・お菓子は趣味でないがカロリーメイトは手早いから好きである。

・カフェインは摂る。医学生の頃は試験に打ち勝つ為に錠剤も常用した。

・駅⇔自宅がウォーキング。スポーツは万一の怪我を考えると出来ない。

・紫外線は20歳から殆ど浴びてない。30年以上ビタミンCを毎日2g摂取。

・午前2時まではメールの返事やブログ書きかHPの更新で起きている。

~以上、南雲先生と大分違うのですが、私の場合プラセンタ注射を44歳からずっと打っているせいか、患者さんから「51歳には見えませんよ。」とは言われます。