鼻中隔延長等の再手術後、5日後と更に5日後に再手術を強要 【死ぬと言う患者⑮】

彼が鼻中隔延長再手術+I型シリコンプロテーゼの再手術と小鼻への軟骨移植を受けた後日の事です。

●彼は:少し左寄りな気がする 鼻先が下がりすぎている印象もある 左側がへこみ?みたいになっていて軟骨が足りなかったのかなと思う 今度は左がひきっつてる感じに見える 不安なので抜糸前にまたみてもえないか 早い時期に時間は何時でもいいので先生にみてもらいたい 鼻が曲がっていることです とにかく早くみて処置をしてもらいたい 一週間以内に手術なら自分は納得できるが、また三ヶ月は待たなければいけないという事になるならもう生きていけない 頭がおかしくなりそう

==更に激しい相談後、予約表は先まで埋まって早々に定時に手術が出来ない状況で当日夜(術後5日)に再手術=====

●その4日後に彼はやはり少しだけ左に曲がっていると言われて来院されて又も超早期再手術を望まれましたので私は驚愕しました。私は手術はしないようにこの人が来院されてから夜更けになるまで色んな話をして、5時間説得を続けました。この時、デカイ鼻は嫌だ、ワシ鼻も嫌だ、と言われ、私は何日か後は、腫れが引いてもう少しコンパクトになるからとテープで腫れを押さえ気味にテーピングして鏡で見てもらい何とか納得してもらおうとしましたが、再手術を受ける意志は変わらず、当日は真夜中になってしまいました。時刻にして23:30頃です。
翌日のまた診療終了時からの手術としました。この時の手術同意書「~再度の修正手術を受けますが、通常このように短期間に詰めて手術を行う事はなく、このため血流障害や挫滅に伴う拘縮などの変形のリスク、縫合痕に問題が生じる事があるのは承知して手術を受けます。~」(原文のまま)には署名・捺印して頂きました。