高須先生が全身がん転移

いや、報道には驚きました。
この3,4年のメディアでの美容外科医らしからぬ露出ぶりは案外、癌で死を意識してのことかと思いました。高須克弥 昨今は、ナチスを擁護してアメリカ美容外科学会除名とか、民主党に提訴とか、SNSでやたら政治的なメッセージが多いとか、昔の30代~60代半ばまでの高須先生の存在感とは又違う感じで異才を放っています。
死を意識すると恐いものが無くなって、今まで自重していたことを遠慮なく発揮されているということでしょうか?

ただ私は高須先生のSNSでの発言には概ね肯定的です。
癌に負けずに、高須先生が長生きされるのをお祈り致します。

追記)10/03: 高須先生はノーベル賞で話題の免疫系の抗癌剤「オブジーボは使いませんよ。(副作用で)間質性肺炎になるのは嫌ですから。」と述べていますが、オブジーボの適応のない(または低い)癌なのでしょう(保険でも通っている悪性黒色腫(メラノーマ)、転移性の腎細胞癌、非小細胞肺癌)。