本来あって欲しかった歴史こそ”正しい歴史”?

8月29~30日のニュースです。報道が誇張されている面もあるかも知れませんが、昨年11月からの報道を顧みれば、総括されるような歴史観です。

「こういう人が国のリーダーとは!? だから駄目なんだ。」と切って捨てて嗤うのはチト早計で、こういう自分本位なご都合主義で客観的には嘘を吐いている人たちも、それなりのパワーを持って進んで行きます。
それは北の方がより露骨で10年余り前は日本国内の報道では、「ああいう瀬戸際外交が世の中に通用しないのを教えてやるべきだ。」と盛んに言っていましたが、私は北の立場で考えれば最も理に叶っていると自分のYahooのブログに書きました(クリックで画像拡大)。
そして結局は今は米朝関係は改善し、北の思惑は概ね達成されています。

さて、戦前、欧州大戦で敗れたドイツでは「匕首伝説」と言って「戦場では勝っていたのだが、国内で背後から共産主義者とユダヤ人に刺されて敗れた。」との嘘が実しやかに広まり、国粋主義政党の躍進を招き、ナチの政権獲得の遠因となっています。

「自分たちに都合悪い事には嘘の歴史を啓蒙」するのも、力の結集となり、周囲には脅威なのですが、対抗措置にもひるむことなく強硬姿勢を貫けば、次第に孤立して行き、文氏の発言のような、約束とか契約の概念さえ希薄だと、このまま進めば結局は破滅するものと思います。
(今年8月に極東動乱の時代に入りました。「外交とは可能性の芸術」ですから、政府は、状況が激しくうねる中で、一瞬のチャンスを捉え、可能性を追求して欲しくあります。)