鼻尖縮小

団子鼻を小さくする手術です。医師の技量の差が大きく、鼻先で軟骨縫合するだけでは殆ど変化ありません。大半は余分な鼻の軟骨の部分切除まで行い、その切除軟骨は鼻先の移植に使うべきです。

症例画像解説料金Q&Aコラム

症例画像

鼻尖縮小 皮下軟部組織&軟骨除去+軟骨縫合 症例A

鼻尖縮小 皮下軟部組織&軟骨除去+軟骨縫合症例A

鼻尖の太い人は鼻尖上部まで太い人は多いので、手術範囲を広げて鼻の下半分がスッキリする技法(手術範囲拡大)で行っています。これは鼻翼縮小したような効果もあり、鼻孔も縦長に出来ます。


鼻尖縮小 皮下軟部組織&軟骨除去+軟骨縫合 症例B

鼻尖縮小 皮下軟部組織&軟骨除去+軟骨縫合症例B

鼻の中で部分的に削る軟骨を上手く再利用して鼻先の尖りを出しました。耳介軟骨移植をしなくても、この位まで横顔が美しくできる人は少なくありません。


鼻尖縮小 皮下軟部組織&軟骨除去+軟骨縫合 症例C

鼻尖縮小 皮下軟部組織&軟骨除去+軟骨縫合症例B

向かって右の人は皮下脂肪が特に多かった人です。鼻先の皮膚が薄く柔らかく皮下脂肪が厚い人は鼻尖縮小の効果がよく出ます。

手術の解説

1.鼻尖縮小手術の概略

鼻尖縮小手術の概略皮下組織(主に脂肪)切除~鼻翼軟骨内側脚の正中縫合・移動~鼻翼軟骨の部分削切除、ギプスによる外固定。
絶対にクローズ法で施行。オープン法は初心者の技法で鼻柱の横切は縦方向の血流が断たれ鼻先皮膚壊死のリスク。

2.鼻尖縮小手術の手術範囲拡大


鼻尖縮小手術の手術範囲拡大鼻下半分が鼻翼も含め太いなら、広範な皮下組織除去も行いますが、これは皮膚の血流障害のリスクあり、クローズ法で鼻柱の縦方向の血流を確保しリスク回避。

3.鼻尖縮小手術の鼻尖の挙上と横顔の変化

鼻尖縮小手術の鼻尖の挙上と横顔の変化必須手技の“鼻翼軟骨内側脚の正中縫合”は、鼻尖を挙上させ、
破線⇒実線(右図)の変化となります。このままでは“ポリービーク変形”(オウム鼻)を呈します。糸で縛るだけの手術で必発で、正面はともかく側面が醜いです。

4.軟骨切除とその軟骨の再利用

軟骨切除とその軟骨の再利用従って鼻尖上部の軟骨は必ず部分切除すべきで、側方まで繋げて切除します。
この軟骨は鼻先の補正のため移植します。ロクに軟骨部分切除を行ってないorキレギレバラバラ切除では耳介軟骨が必要となります。

料金(税別)

手術項目 金額
鼻尖縮小 単独 ¥280,000
+手術範囲拡大 ¥330,000
+軟骨移植 ¥330,000
+範囲拡大、軟骨移植 ¥380,000
+プロテーゼ ¥530,000

よくあるご質問

隆鼻プロテで細くするのと鼻尖縮小で細くすることの違いは何ですか?
効果の限界は?
鼻尖縮小の腫れはどの程度でひきますか?
鼻尖縮小は術後の痛みはありますか?
内出血の色は出ますか?
ギブスはいつ頃までしていないといけないの?
お風呂はいつから入れますか?
傷は目立ちますか?
鼻尖縮小は元に戻ってしまうことはありますか?

医学コラム

鼻尖縮小手術の要点

東洋人に団子鼻が多いのは、西洋人と比べ鼻先の皮膚が厚く、皮下脂肪などの軟部組織も多く、加えて鼻先の左右の鼻翼軟骨が開いているためです。従って皮膚の切除は行なえないまでも、皮下軟部組織を出来るだけ切除し鼻翼軟骨が正中で開いている部分は糸で縫合して寄せ、更に鼻翼軟骨部分切除をすればまあまあ細くなります。

そして軟骨縫合が鼻先を縫い上げる傾向なので、上がったものを下げる意味で削った鼻の軟骨や軟部の鼻先移植が良い形状を作る事になります。
術後は約1週間のギブス固定が絶対に必要でテープだけではダメです。

鼻尖縮小は効果が僅かしか出ない?


鼻翼縮小で鼻の穴を狭くされすぎた時の対策皮下の軟部組織や軟骨の切除を出来るだけ行っても、また左右に開いた鼻翼軟骨内側脚の正中への縫合をキチンとしても、実は鼻尖手術後の外観の変化は少しです。その理由は厚くて硬めの皮膚がそのままだからです。

丁度、夏ミカンは身をくり抜いても、皮だけで形を保てるのと似ています。鼻尖の皮膚独特の皮脂腺の多い厚く硬い皮膚は、まるで形状記憶合金のように、元の形を維持しようとするのです。鼻翼縮小(小鼻縮小)の場合は皮膚を切り取れるから、手術前から確実な効果が保証できるのと対照的に、鼻尖縮小は中をいじった変化が外にどれだけ現れる不確定要素が多く、狙った通りの結果が出し難いものなのです。

鼻尖縮小はオープン法かクローズ法か

鼻尖縮小術は左右の鼻の穴の中を切開するわけですが、どうしても隙間から覗いての手術になるので、慣れないうちは感が働かず、キレイに細くは出来ないものです。このように外から切開を加えない方法が「クローズ法」と呼ばれます。これに対し、穴と穴の開も切開し鼻先の皮膚をガバッと持ち上げ、中を丸見えにして行なう術式を巷では「オープン法」と呼びます。

個人的見解ですが、オープン法は中が良く見えるから初心者でも鼻尖縮小の効果を出し易い術式で、クローズ法は手術の勘所が働く人でないと効果が出し難い術式です。加えて劇的に細くするような、十分過ぎる皮下での処置は、皮膚の血行を悪くしますので、これは実はクローズ法の方が皮膚壊死などの重大な合併症を起こし難い利点があるものです。

なお、オープン法の傷は後々あまり目立ちませんが、消えるわけではありませんから、見る人が見れば5年経っても分かりますし、オープン法の傷は時に拘縮により段差を生じてしまうことがあり、これになると修正は大変困難です。

鼻尖縮小で軟骨縫合を行なうと鼻先が上がる?

鼻尖縮小術は鼻翼軟骨内側脚の縫合による正中移動によって、若干鼻尖を挙上させてしまいます。
この上がった感じが、ピエロの横顔の鼻を見ているようで美しくありませんから、通常は軟骨の部分切除で対応します。
しかしそれだけでは、鼻先が上がった感じ自体が治らないので、部分切除で削った軟骨を鼻先のやや下目に移植する(軟骨移植)とバランスが取れるものです。

鼻尖手術後のケア

術後早期の時、丁度良い細さだった鼻尖も術後3ヶ月も過ぎるようになると、後戻りして以前の自分の鼻に似てきたと感じる様になる事はしばしばあります。
皮下の切除された組織の修復で、結合組織が形成されたり、皮脂腺の多い硬い皮膚が形状記憶合金のように、3~4ヶ月かかって元の丸い鼻に戻ろうとするのです。これに関しては、術後(抜糸後)、自宅で使う専用ギブスを就寝時のみでも毎日使う事で対応できるものです。

しかしギブスを熱心に使った患者さんの中には術後早期には細かった鼻尖が後で太くなった例が散見します。逆にギブスを使用させなかった症例の方が、あまり太くならず成績が安定している傾向があります(但しこれはギブス使用の患者さんは太くなる予兆があったからギブス使用に踏み切ったので、一概には述べられませんが)。

鼻尖手術後のケア術後、特に早期にギブスを使う事は、脱着の繰り返しによるマッサージ効果としての炎症の再燃、過大な力ではズリ応力による癒着部の剥離・空洞形成→治癒機転として肉芽が生じて太くなるとともに、空洞を小さくする拘縮作用で鼻尖・鼻翼の変形を起こす事はあり得ます。

ギブスで変形が生じた症例

私はそういう人も見てきましたので、術後の自宅でのギブス使用では「一瞬でも強い力をかけるのは危険!」と指導をしています(上写真はギブスで早期に過大な力を加え続け変形が生じた症例)。