フェイスリフト

しわは軽症例ならヒアルロン酸やボトックスの注入、重症例やたるみの場合にはフェイスリフトを行ないます。しわ・たるみを減らすことで若返り効果が期待できます。

症例画像解説料金Q&Aコラム

症例画像

フェイスリフト症例 コメカミ~頬~あご

フェイスリフト症例 コメカミ~頬~あご

フェイスリフト症例 コメカミ~頬+脂肪吸引

フェイスリフト症例 コメカミ~頬+脂肪吸引

フェイスリフト症例 頬~あご+脂肪吸引

フェイスリフト症例 頬~あご+脂肪吸引

フェイスリフト症例 コメカミ~頬~あご+脂肪吸引

フェイスリフト症例 コメカミ~頬~あご+脂肪吸引

フェイスリフト関連(脂肪吸引のみ)

フェイスリフト関連(脂肪吸引のみ)

手術の解説

1.上まぶたの軽度のたるみ

上まぶたの軽度のたるみ

二重ライン(折れ目)を上にしてたるみをたくし上げます。ちょうど着物の裾が長ければ帯の中へ隠し込んで上げるのと似ています。手術は埋没法と変わりませんが、たるみが主にまぶたの外側に生じるため、新しいラインを作る際、内側と外側で違うキメの流れのところでラインを作らざるを得ず、ラインに歪みを生じがちです。軽度の改善までしかできません。

2.上まぶたの中~重度のたるみ

上まぶたの中~重度のたるみ

二重のライン(折れ目)の上下の皮膚切除で、たるみを切り取ることで改善します。この手術方法は、手技的には全切開となるため、術後の腫れやしばらくは整形っぽい二重の感じで過ごさざるを得ないことに注意が必要です。また、たるみは瞼の外側を主に生じるため、新しいラインを作る際、切開を二重のラインより外側(目尻側)に伸ばさざるを得ず、しばらくは、その傷が目尻のカラスの足跡に馴染むまでお化粧で隠すことになります。

3.下まぶたの軽度のたるみ

下まぶたの軽度のたるみは内側から脂肪が出てきていることが多いので、まぶたの裏から小さな穴をあけて脂肪を抜き出します(経結膜法脱脂)。
この手術は皮膚に一切傷を付けませんし、表から見た腫れはすごく軽微なので大変受け易い手術です。


4.下まぶたの中~重度のたるみ

下まぶたの中~重度のたるみ

たるみが重症の場合は皮膚の余った部分を睫毛の生え際ギリギリで切開して皮膚と眼輪筋で剥離して脱脂した後、眼輪筋は目尻側の骨膜に縫い付け、皮膚は上方に引き上げ、切開部と重なる部分で切り取り縫合します。この睫毛生え際ギリギリの部位の傷は後々ほとんど目立たなくなります。

5.糸のリフト(アプトス、スレッド、フェザー、ロシアンリフト)

糸のリフト(アプトス、スレッド、フェザー、ロシアンリフト)

以前ロシアンリフトと呼ばれマスコミを賑わせた手技は今はスレッドリフトと言われることが多いのですが、これはアプトスやワプトスと言われる髪の毛並みの細い糸を針で皮下に通し吊り上げる施術です。糸には特殊な毛羽立ちが細工してあり、糸が中心に向かい収縮する際に毛羽立ちが軟部組織に引っかかってリフトアップさせるのが特色です。

短時間に終わり皮膚に肉眼で分かる傷跡を残しません。もっともこのリフトは従来の切開するフェイスリフト程の劇的な効果は望めません。

6.ケーブルスーチャー

F

日系のゴードン・ササキDr.の開発したケーブルスーチャーという鼻唇溝のしわ、その上の弛み改善の手技があります。これは術直後に最大の緊張が生じるため単独で強力に吊り上げると頬骨前の組織が外上方に出っ張る形になり、どうも自然にスッキリ若返る感じとはなりません。

やはり切らなくて若返る手技には、限界や欠点もあります。しかし従来の切るフェイスリフトと併用には良いと思います。

7.日本美容外科学会での動向

日本美容外科学会での動向

糸のリフトの発表もしばしがありますが、効果の持続が短い事が挙げられています。溶ける糸のハッピーリフトは溶ける分、効果は早めなくなり、最近出たシルエットリフトはコーンの引っ掛かりが強力だから初期の吊り上げは効果的だが、コーンが溶けてからは詳細不明?でもアプトスよりは持つような気がします。などと言った発言があります。

8.フェイスリフト

フェイスリフト

頬、あご、こめかみ等が需要として多い部位です。切開・剥離し、頬のたるみの部分は脂肪吸引を併用することも多いものです。皮下にはSMAS筋膜という支持組織があり、これも剥離の上引っ張って縫いつけ効果を高めるのも一般的に行なわれています。

9.剥離、吸引、SMAS筋膜、バッカルファット除去

皮下剥離は引っ張った時に皮膚と下の組織の位置関係が変わってくるので持続性を持たせるためには必須です。同時に脂肪吸引で下膨れのボリュームダウンを図ると効果的。SMAS筋膜を剥離するとRetaining Ligamentが見えますからこれも吊り上げると更に効果が持ちます。

バッカルファットが皮膜下に透けて見えれば適量取る方が顔下半分をスッキリさせます。


料金

表示金額は税抜き価格となっております。


手術項目 金額
フェイスリフト 前額 ¥600,000
頬部ミニ ¥450,000
頬部本格 ¥800,000
こめかみ ¥450,000
頚部 ¥450,000
頬部+頚部 ¥1,000,000
頬部脂肪吸引追加 FL代+¥100,000
頬部+下顎脂肪吸引 FL代+¥150,000
ケーブルスーチャーorアプトス ¥250,000
中顔面リフト+ケーブル ¥450,000

よくあるご質問

フェイスリフトとはどんな手術ですか?
フェイスリフトの腫れはどの位でひきますか?
何歳くらいから受けて大丈夫ですか?
切らない糸のリフトはやらないんですか?
部分的なミニリフトもできますか?
60才過ぎなんですがヒアルロン酸やボトックスでタルミ取りできますか?
化粧はいつからできますか?
入浴はいつから大丈夫ですか?
食事はどんな物を食べたらいいですか?
フェイスリフトは術後の痛みはありますか?
手術後の圧迫について教えて下さい。
冷やした方がいいんですか?
フェイスリフト後のつっぱった感じはどのくらいで無くなりますか?
フェイスリフト後、目や鼻の手術を受けられますか?
フェイスリフトの効果はどれ位持ちますか?
自宅で手術の効果を長持ちさせられる方法はありますか?
顔の皮膚をもっと引っ張って貰いたい場合はどうしたらいいですか?
術後は何歳くらい若返った様に見えますか?

医学コラム

治療の大別

照射系、注入系、通糸系、切るフェイスリフトの4つに大別されます。照射系はしわ・たるみに効果のあるものは主にRF(ラジオ波)であり、真皮レベルまで加温することでコラーゲンの活性化を促し肌にハリを出す。というものですが、ハッキリ言って目に見えるほどの効果は出ません。リフティングとは明らかに言い過ぎで、タイトニングが関の山です。

注入系はフィラーとして、コラーゲンやヒアルロン酸、(自家)脂肪注入が挙げられますが、コラーゲンやヒアルロン酸はしわまたは小さな陥凹、脂肪注入は鼻唇溝のような大きなしわや陥凹に用いられます。昔は液体シリコンを入れていたものですが、異物のため異物反応で「扇風機おばさん」のような醜形の被害が出ました。なお、平成18年頃より血小板注入注入療法PRP(リジェンACR)も出ておりますが、長期成績では満足度は高くないとの批評が聞かれます。キットはメーカーから安価で発売されており、医師はやる気になればすぐ開始できるのに行っている医師が一部に留まっているのが現状です。

通糸系は、アプトス・ワプトス、ケーブルスーチャー、シルエットリフトなどありますが、これも長期成績では満足度は高くないものです。この治療は最初ロシアンリフトとして高須先生が紹介したものですが、その高須先生ご自身が近年、結局は皮膚を切り取らなければダメだというような発言を繰り返されています。私は顔下1/3のボリュームダウンが重要と思っています。

切るフェイスリフトは、顔のしわ伸ばし、たるみ除去として昔から「吊り上げ」と呼ばれてきた手術です。昔は表面の皮だけを切り取って縫い縮めるだけで、医師によってはキメの流れを無視した切縫も多くかったようです。私は年輩の患者さんを顔を見ては、フェイスリフト特有のキツネ顔で勝手なところに傷が付けられていた人を数多く確認しました。しかし1976年にフランス人医師がSMAS(表在性筋膜)も吊り上げることを提唱し、それが世界中に普及してからは、自然で綺麗な仕上がりも増えました。歴史的には①皮膚を剥がさず皮膚切縫→②皮膚を剥がして切縫→③SMAS(ただ縫縮or切除し縫縮→④Retaining Ligament(SMAS下の靭帯の引き上げ…この④はこの数年提唱されていますが、評価が定まるのは、もうしばらく掛かりそうです。なおコメカミのフェイスリフトの場合、ここにSMASと呼べるものはありませんから同様なGALEA浅層を引っ張ります。

SMAS、GALEAなどの表在性筋膜様組織

SMASは頬の皮下、GALEA(帽状腱膜)はコメカミの皮下にある線維性の丈夫な膜で、皮膚だけ引っ張ったよりも、明らかに効果がでます。また皮膚だけ引っ張った場合に「能面」のようになっていくのに対して、SMASやGALAは表情筋に関与していますから自然な若返りが期待できます。

なおplatysma(広頸筋)はあご~首にかけて存在する薄くて広い筋肉で、二重あごや首のしわのリフトで吊り上げると同様に効果的です。また手術時、剥離を小さめにしてSMASはしっかり引っ張れば皮膚の切縫時に剥離部が僅かにできるので、このリフトはミニリフトとして腫れなくて効果もある手術として一定の価値のあるものとなっています。

ただ近年、Retaining Ligament(SMAS下の靭帯)の提唱の際は「SMASを引っ張ること」にどれだけの意味があるんでしょうか?というような事が学会でも言われ、私自身もSMASはシッカリ引き上げたミニリフトの人が2年も経てば随分効果が失われていることは何度も経験しています。

フェイスリフトの効果の持続は広く剥離して引っ張ること

SMAS、GALEA、platysma、Retaining Ligamentなどをいくら引っ張っても、その部位が伸びきってしまえば効果は失われます。しかし皮膚を広く剥がして引っ張れば皮膚がその下の皮下組織より上に行って癒着してしまい、これは何年経とうと位置が変わらず効果の持続性をもたらすのです。

頬のたるみ・二重あごで脂肪吸引

SMASをしっかり上げてもブルドッグのような頬のたるみの改善は不十分です。この場合、そこを脂肪吸引することは大変効果的です。ボリュームを減らすだけでなく吸引管が通ることによる剥離もできます。二重あごも脂肪吸引が効果的です。なお二重あごの場合は広頸筋(platysma)の引き上げがSMASの引き上げに代わるものとして行われます。

脂肪吸引だけでも頬のたるみの改善は出来る

まだフェイスリフト手術を行なうご年齢でなくても頬が弛んで来た場合、主にファイスラインの頬脂肪吸引だけをするのは選択肢の1つです。上の症例はそれで行ないました。美容外科医師の中には脂肪吸引を行なったら皮膚が余って肌のハリがなくなる&しわが出るからフェイスリフトとセットで行なうのが当然と言う者もおりますが、顔の脂肪吸引は表層脂肪吸引もするので、ある程度はハリが回復します。しかし大きな期待は出来ません。

元々の肌質から脂肪吸引だけでも大丈夫かどうか考えてやるものですが、目立たないまでも肌にハリが無くなるのは仕方はありません。

中顔面のリフト

「加藤ローサ風に尖らせて下さい」などと言われれば、レントゲン的にあごの中抜きの選択肢はないです。あごを小さく、可愛くしたいというご希望の場合、尖らせたいというのもあり、水平骨切りして中抜きし、あご骨末端を上に接合しても元々のあご先が平べったい事が多く、あまり尖らせられません。

オトガイ筋群付着部の固定ですが、中抜きでなく、切り落とし・削りの場合、筋肉・骨膜とともに定位置に戻し骨にくくり付ければ良いのであり、そうすれば中抜きと比べて軟部のたるみ・二重あごが余計目立つようなことはないです。

手術の弊害

【オトガイ神経の損傷】あごの骨切り&骨削り手術の弊害ではオトガイ神経損傷がまず挙げられます。着実な変化を出そうと神経の近くでギリギリまで削るような手術で起きるものです。オトガイ神経は下あご骨から出ている穴の下5mm位で骨の中の下歯槽神経管を通るので、5mm以上末梢で骨切りをしないといけないものなのです。もしこのことが分かってない術者がいたら大変危険です。

しかし、下あご骨の手術で良いフェイスラインを得るような側方までの骨削りを行えば神経は切らないまでも術中に牽引はしますから、術後一過性の知覚鈍麻はよくあるのが医療水準だと考えて下さい。ただオトガイ神経は切断しない限りは回復は良い神経なので一過性の麻痺は必ず回復します。
某大学病院ではやや乱暴ですが、術中に邪魔になるオトガイ神経をメスでスパッと切断し、骨を削り終えてから丁寧に縫合すると聞きました。それでも知覚は2年かかりますが完全に回復するとの事です。この神経は切断したままにならなければ一応安心して良いものと考えられています。

【術中出血】骨を切る以上は骨髄性の出血は避けられませんが、下あご骨のサイドを削る時、近くの顔面動脈を損傷するとかなりの出血があります。確実に骨膜下で剥離、慎重な操作が求められます。

【あごの中心線のズレ】顔の左右差で例えば右の発育が良いとあご先が左寄りになるものです。あごが後退している時は目立たなくても、プロテーゼを入れた際に、それが目立ちます。手術ではあご先の中心と顔全体の中心線の両方を考えて審美的に良い位置に入れます。

【プロテーゼのぐらつき、イビツな骨削り】挿入後もプロテーゼがグラグラ動く、プロテーゼの境目がクッキリ見えるケースは加工の問題です。また、削った骨の形がイビツになっているケースがあります。これらは術者の腕の拙劣さによる場合が多いでしょう。