ヒアルロン酸・ボトックス

ヒアルロン酸は額や眉間・目尻をはじめ、鼻唇溝のしわに、鼻・あごのプチ整形にもオススメです。
ボトックスは額・眉間・目尻のしわの出現を抑えたり、エラの筋肉を薄くする小顔整形に適しています。

症例画像解説料金Q&Aコラム

症例画像

ヒアルロン酸 症例

ヒアルロン酸症例

ボトックス 症例A

ボトックス症例A

ボトックス 症例B

ボトックス症例B

手術の解説

1.ヒアルロン酸

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はムコ多糖というの人間の皮膚や軟骨に含まれているものです。それを近年、バイオテクノロジーの力で作れるようになりました。但し外から注射で入れるものなので、約1年で分解・吸収します。

しかし近年の架橋の密なヒアルロン酸は分解が遅いので、そのうち生体の持つ皮膜形成の働きで一部は膜に包まれるようになって分解できなくなり、一部が残ることもあります。また、ヒアルロン酸分解酵素の登場で、気に入らなかった際は、その注射で簡便に元に戻せるようになりました。

2.ヒアルロン酸注入で皺(しわ)が持ち上がる仕組み

ヒアルロン酸注入で皺(しわ)が持ち上がる仕組み

図のようにしわの直下に注射の針先を向かわせ、そこにヒアルロン酸を置くことで皺の谷間を浅くできるわけです。 しかし皮膚を切り取るフェイスリフトと違い肌にハリは出ません。厳密には皺が持ち上がった両隣の皮膚が皮膚が余っている分、軽い皺を作ることも多いのですが、これはほとんど目立ちません。

3.ヒアルロン酸注入時

ヒアルロン酸注射の針先の向き

針先は竹を斜めに切ったような形状ですが、横から見れば「刃」とも言えます。



ヒアルロン酸注入時

横から見て「刃」となる方向で皺の直下を進ませる時、皮膚の繊維化した部分が切れ、そこに注入物であるヒアルロン酸が置かれますと繊維化した組織の間に介在する形になるので効果的です。これを針先の向きが図に書いたものより90度回転していると繊維化した組織をカットする部分が甘くなる分、効果が落ちます。

4.ボトックス

ボトックス

ボトックスはボツリヌス菌由来の神経毒素で、神経から筋肉への情報伝達をブロックする働きがあります。ボトックスは実は眼瞼痙攣の治療薬として30年以上の歴史があるのですが、1990年代の後半から美容領域で使用され、欧米ではアンチエイジングの一番の治療薬として使われています。

5.ボトックスの効果

ボトックスの効果

写真では眉間にボトックスを効かせた症例ですが、頑張ってしわを作ろうとしてもしわが全くでなくなっています。

6.ボトックスの作用機序

ボトックスの作用機序

ミクロの世界で見れば、神経-筋の接合部において神経終末からアセチルコリンが分泌され筋肉の収縮をみます。ボトックスは、この神経終末に入り込み、アセチルコリンの分泌を出来なくする作用をするのです。

料金

表示金額は税抜き価格となっております。


手術項目 金額
ヒアルロン酸 鼻/顎/輪郭(1本1.0cc) ¥70,000
分解注射 ¥20,000
ボトックス 額/目尻/下口角 ¥30,000
アセチルコリン注射
(ボトックス分解)
¥20,000

よくあるご質問

ヒアルロン酸とは何ですか?
ボトックスとは何ですか?
ヒアルロン酸やボトックス注入はどんな人が受けていますか?
仕事はどれ位休めば平気ですか?
ヒアルロン酸やボトックス注入後は痛みがありますか?
ヒアルロン酸を打ったしわに沿ってミミズ腫れができています、どうしてですか?
何回もやるとボトックスが効かなくなるって聞いたんですが本当ですか?
ヒアルロン酸とボトックスはどれ位持ちますか?
ヒアルロン酸をやっぱり取りたい時はどうしたらいいですか?
ボトックスをしたらなんとなく表情が乏しくなった感じがします、そういうものですか?

医学コラム

注入材料による美容医療

注入材料による美容医療の歴史は古く、オルガノーガン注入、脂肪注入、ジェル状シリコン注入、コラーゲン注入、ヒアルロン酸注入、ゲル状人工皮膚注入、ボトックス注入と進化し変遷しています。現在一般的に美容医療ではヒアルロン酸とボトックス注入が主流です。

ヒアルロン酸は人体にある物質で人工的に生成し、その粘張度(架橋の程度)によって使い分けます。
また、ボトックス注入はしわの根本原因である表情筋に作用し、主にしわ治療として使用されています。状態によっては脂肪注入をお勧めするケースがあります。例えば瞼のクボみや頬のコケた感じ、口の周りの深い表情しわは脂肪注入も効果が高いと考えています。

ヒアルロン酸=しわの改善、涙袋・鼻・アゴ・唇・バストのプチ整形

ヒアルロン酸は生体内にある物質です。それを人工的に製造し注射剤として1本ずつ滅菌されて販売されています。安全性も確立されており整形外科では昔から軟骨損傷などで膝間接や肩関節に軟骨の代わりとしての潤滑剤として使用されています。ヒアルロン酸はその粘張度や分子の大きさによって使用目的が異なります。

美容目的で使用する場合、粘張度はほどほどで分子も小さめな物が多く選ばれます。表情を作らなくても出現する「刻まれてしまったしわ」に対して有効です。またプチ整形で、鼻を高くする、アゴを出してみる、涙袋を形成する、バストに注入し胸を豊かにするなどの時にも有効で、いずれ吸収されてしまうので(約半年~1年)気軽に受けられる治療だと考えています。

また、消失期限が来ても一部が皮膜で包まれるので、鼻など全く元のペチャンコにはならないのもメリットの一つです。注入技術や注入量は医師の腕によるところが9割で、特にしわに関しては難易度が高いものです。

ボトックス

ボツリヌストキシンA型という薬を使用します。ボツリヌスというと食中毒を連想する方も多いと思いますが、毒そのものを注入するのでは無く、それを精製し筋肉を一時的に動かなくさせる成分だけを注射薬として使用します。一般診療の分野でも、顔面痙攣の患者様やペイン外来などで、硬くこわばって痛みを伴う筋肉を柔らかくする目的で最近は使用されているようです。

美容医療で注入する場合表情を作った時に出るしわの周りに注入し皮膚に「しわという老化のクセ」がついてしまうのを防ぐ役割を果たします。筋肉は使わなくなると弱く細くなるので薬の効果(約半年)が切れてもすぐに元に戻ってしまう事はありません。表情を作った時に出るしわの改善の他に、口角を上げる作用、エラ部分の輪郭を小さくし顔の幅を細く見せる作用、外人モデルの様に眉をキリッとりりしくと引き上げる作用、目を下斜方向に広げる作用(大きく開かせる)、などがあります。

しかし、前述の通り効果が半年続くのと、ボトックスを分解する薬が無い為、注射技術は高い水準のものを要求されます。また、ボトックスは管理も冷凍または冷蔵、そして注射として作成時も激しく振動させないなどの気を使う薬です。

コンビネーション法、ニードルダイゼクション併用法

ボトックスとヒアルロン酸を併用してしわを根本から治療する方法です。また、注射の針を皮膚に刺した上で針先を皮下で動かし剥離するニードルダイゼクション法を併用する事によりヒキツレた感じを改善する事ができます。

特に、深いしわやゴルゴ線に対するヒアルロン酸注入は難易度が高く注入する層、ニードルダイゼクション法(注射針皮下剥離法)の程度によって仕上がりが全く違ってきます。

弊害(ヒアルロン酸の注入部位のズレ、架橋の程度の選択ミス)

ヒアルロン酸は適切な層に高い技術を持って入れないと、しわで無い所が盛り上がったり、しわが盛り上がり過ぎ逆に強調されてしまったり、鼻やアゴの場合は均等に注入されておらず変形して見えたりすることがあります、注射するだけの事ですが実は割と難しいのです。

また、妙に安いヒアルロン酸に関しては、架橋がほとんどない、すぐ分解してしまうヒアルロン酸を使っていると思った方が良いと考えています。

また、痛みを感じさせない様に等と言って不要に静脈麻酔をかけると、ご本人は覚えていなくても注射中にかなり暴れて動くのでどんなにベテランな医師でも適切な部位に注入不可能というのが現実です。

弊害(ボトックスの効き過ぎ)

弊害(ボトックスの効き過ぎ)

ボトックスのは分解する薬が無いので時間が経たなければ効果が消えません。眉間や額のボトックス注射後で「眉の高さが左右違う、瞼が下垂し目つきが悪くなった」場合効果が切れるまで待つしかないのが実情です。

応急処置として本来は神経終末から分泌されるアセチルコリンを注射すると一時的にはある程度改善します。これを複数回打ってボトックスの効果が切れるのを待つしかないのが現状です。

ボトックス失敗・副作用(効きすぎ)にアセチルコリン注射また、「すぐに効果が切れてしまった」という方もいます。きちんとした方法で行っていれば最低3か月~半年は持つはずです。作り置きや薬をかなり薄めるクリニックも残念ながら存在します。