「目は心の窓」と言われるように、目の与える印象はその人自身を表します。パッチリとした二重や理想の目もとを手に入れて印象力をアップしましょう。

二重にしたい

二重にするための術式には大きく分けて「埋没法」と「切開法」の2種類があります。

埋没法埋没法

自然な二重にしたい場合、まぶたのたるみがあまりない方の場合は「埋没法」をお勧めします。
手術時間はおよそ30分。当院ではまぶたの裏に糸を出さず、時間をかけ丁寧に行いますので、その分腫れは少なく、目の裏のゴロゴロ感もありません。ちなみに美容外科の中で最も多い手術です。

埋没法

小切開(部分切開)法小切開法

ハッキリした二重にしたいなら「切開法」(小切開、全切開)です。小切開は3mm切開3ヶ所から皮下を目頭~目尻まで全切開同様の手技で二重になるようにします。そして傷口を合わせた状態で折れ目から下にテープを貼って固定します(縫合不要)。この方法ですと全切開のように折れ目が均一でありながら、パッチリ系の二重になり、いずれ傷もほとんど分からなくなります。

小切開法

全切開法全切開法

全切開はたるみがあるため皮膚の切り取りが必要な場合や外人風に変える場合に行います(単に取れない二重やパッチリ系を目指すなら全切開せずとも上記小切開で十分でしょう)。

全切開法

目を大きくしたい

目を横に大きくしたい場合は「目頭切開」「目尻切開」になります。縦方向に切開し、まぶたの開きを改善するには「挙筋短縮」となります。

目頭・目尻切開目頭・目尻切開

目頭切開は当院では皮膚を切り取らずに皮弁の交換を行う(Z形成術)ことで、引きつれずに自然な目頭を見せます。傷も目立ちにくいです。目尻切開は効果はわずかですが確実に変化は出ます。特に目尻から輪郭まで離れている方の場合、うまくバランスが取れます。

目頭・目尻切開

挙筋短縮術挙筋短縮術

縦方向に黒目を大きく見せたい場合や、眼瞼下垂など眠そうなまぶたの開きを改善したい場合は「挙筋短縮術」が有効です。皮膚を全く切ることなくまぶたの裏からの操作で可能です。重症例やゆるみも同時に改善させるには、表から皮膚切除も兼ねて行います。

挙筋短縮術

たるんだ目を治したい

軽度のたるみなら「埋没法」でたくし上げる事をお勧めします。たるみが多い場合は、「切開法」でたるみを取り除いた方が結果的にキレイに仕上がります。

上瞼切開たるみ取り

切開イメージ

腫れぼったい目を治したい

腫れぼったい目は脂肪が多いのでそれを抜きます。1~2mmの注射の針穴から脂肪を抜いていきますが、二重にされたい方はその針穴を利用して二重にする事もできます。

下まぶたのふくらみを取りたい

目の下のクマやふくらみを取りたいときは「経結膜法脱脂(下眼瞼脱脂)」の手術となります。

経結膜法脱脂経結膜法脱脂

目の下のふくらみは、若い人で皮膚のたるみがなければ、まぶたの裏の結膜に穴を開けて(メスは使わず)、いわゆる目袋の脂肪を取り出します。そして取った脂肪を目の下の窪みに入れるのも効果的です。ハムラ法より腫れず正確で現実的です。

経結膜法脱脂

経結膜法脱脂+注入

下まぶたのしわ・たるみを取りたい

加齢による目の下のしわやたるみを治すには「下眼瞼切開」となります。

下眼瞼切開下眼瞼切開

下まぶたの表側から皮膚切除を行い、同時に弛んだ筋肉も剥がした上で、その下層にある脂肪を抜いてから筋肉を目尻側へ引っ張ります。切開線は後々かなり綺麗になります。ここは部位的に極めて治癒が良好なところなのです。

下眼瞼切開

たるみ取りイメージ

涙袋形成

涙袋形成はヒアルロン酸注入、または切開眼輪筋縫縮で行います。



各術式の特徴

術式 腫れ* 抜糸 シャワー/入浴
埋没法 3~5日 なし 翌日/1週間
小切開法 10~2週間 5日 翌日/1週間
全切開法 2週間~1ヶ月 5日 翌日/1週間
上まぶた脱脂 1週間 2日 翌日/1週間
目頭切開 1週間 5日 翌日/抜糸後
目尻切開 1週間 1週間 翌日/抜糸後
挙筋短縮
(眼瞼下垂)
3~5日(軽症例)
2週間~1ヶ月(重症例)
5日~1週間 翌日/1週間
涙袋形成 3日 1週間 翌日/1週間
下まぶた切開
(グラマラスライン形成)
1週間 5日~1週間 翌日/抜糸後
下まぶた脱脂
(経結膜法脱脂)
1週間 なし 翌日/1週間

*腫れは個人差があるため、あくまで目安となります。