顎プロテーゼは骨膜上が最善

pre_periost 顎のプロテーゼは骨膜下に入れるのか、骨膜上に入れるのか?この話を先日、患者さんと話しました。正解は鼻が骨膜下なのに対して顎は骨膜上に入れるのが正しい。のです。
 レントゲンでは顎の前に、うっすらとプロテーゼの陰影が写っていますが、骨膜の上に乗せているますから、よく見れば骨と接していません。だからと言ってグラついたりしません。鼻のプロテーゼと違い底面積が広いですし、プロテーゼの周りに出来たカプセルが骨膜に癒着しますからグラつきが出ないのです。
 この人が顎の骨削りをした際、肉眼で確認しましたが、骨膜下にプロテーゼを入れた場合にありがちな、骨萎縮による骨の凹みがありませんでした。
 顎の骨は鎖骨の骨と発生学的には同じと日本整形外科学会専門医試験の過去問にありましたが、鼻骨とは何か異なります。鼻のプロテーゼを入れる時に、骨膜剥離子で骨膜を剥している要領で顎をやってはいけないのです。