鼻尖縮小の最近の症例紹介

鼻尖縮小の難しさは(基本は)鼻先の皮膚を切り取らずに、皮下の軟部と軟骨の削り、軟骨縫合、それに加えて移植(私の場合は殆どが鼻の中の削った組織の再利用で耳介軟骨まで使うことは少ないです)で結果を出さないといけないことです。

症例経験数とセンスとも言われますが、鼻プロテーゼに比べれば時間ばかり掛かる手術なので、短気でせっかちな医師には向かないものです。(下の拡大画像は≫こちらをクリック
鼻尖縮小
手技は全く異なりますが、顕微鏡下で切断指を再接着させるような根気が要ります。