鼻翼縮小の「内側法」は下側切開も行うのが通常

鼻翼縮小で鼻翼の付け根をメスで切れば、患者さんからすれば傷あとのことを心配されるのは当然で、「切らない鼻翼縮小」や「鼻の穴の中だけを切る鼻翼縮小」と聞けば、ハードルが低く受けるのを考え易いと思います。

しかし現実には上記2つの手術は何がしか不自然さが生じるだけでなく、後々必ずほぼ前の形に戻ります。
それは糸だけで寄せるのでは糸が組織を切って行き(豆腐は糸で切れるとの同じ)糸の効果は無くなりますし、鼻の穴の中だけを切る場合、鼻腔粘膜が延びてしまうと元通りとなるからです。

こんなことを書くと「鼻翼縮小の内側法は少しは後戻りがあるけど完全には後戻りしない。ってネットに書いてあります。」との反論を受ける事はあるかと思います。鼻翼縮小 小鼻縮小 しかし鼻翼縮小の内側法の多くは下から見た鼻の穴の外の部分を切除・縫合していることが殆どです(下側切開)。だから鼻の穴の中だけを切る鼻翼縮小ではありません。
(画像の拡大は≫こちらをクリック)横から見ての外側を切ってないから内側法と言って差し支えないというのは詭弁に思えて来ます。
なお添付画像の様に外側切開をやっても下側切開の傷より外側の方が目立たないくらいです。
だから私は鼻翼縮小となれば殆どの場合、外側切開と称し(外側~下側~内側を一塊で切除・縫合します。
これが古くから行われている正統派の術式です。