藤田保健衛生大学→藤田医科大学

私の母校の大学が名称を明日変えます。 大学開学50周年にちなんで等らしいのですが、実は私が医学部4年生の頃も大学内の会報に藤田学長の書かれている文章ありましたが、「先日、川崎医科大学の創立者の川﨑 祐宣先生から、同じように名称に創立者である藤田先生のお名前を入れませんか?というお手紙を頂いた。」とか、ありました。
あれから34年経ってやっと川崎医科大学と同じく藤田医科大学の名称となります。

遡ること私が医学部2年くらいの時に会報に書かれていた藤田学長のお言葉に「実は当大学が医学部を併設すると決まった昭和46年、東海地区の重鎮たちが『名古屋医科大学に併称変更したらどうですか?』と言ってきたが、断った。」と読んだことがあります。
私は「名古屋医科大学ってスマートな名前で良いじゃないか!と思ったのですが、先輩に聞いたら「学長は『保健衛生=Health University』という英語の表記が気にいっているんだ。」と言っていました。

時を経て、昨年秋に医学部同窓会関東支部の集会がありましたが、その時に1回生の大先輩から「来年、藤田医科大学の名称となる。」と聞くと、私は間髪入れず『Health University』の呼称はどうなんるんですか?と尋ねたところ、「大丈夫。藤田医科大学と名称変更しても、英語名は『Hujita Health University』のままにするんだ。そうしないと我々の研究論文が検索できなくなるからね。」等と言われていました。

藤田医科大学の名称も「藤田」が残っているから、また良いかと思います。私は大学在学中に徐々に藤田学長の理念に共感するようになり、私が医学部6年の5月に初めて直にお話しした言葉、「学長先生は戦前の記録映画“意志の勝利”を持っておられますか?」に対して「持ってますよ。」とサラッと答えられた時、今みたいにインターネットもない時代です “意志の勝利” なんて簡単に入手できませんから、素晴らしいと思いました。

今は裏から回らないと見えない外観ですが、藤田学長は第三帝国様式の荘厳な巨大建築物を好まれたと観ました。私が在学中は、その巨大建築物の配置が適切で、正門から車で入って来る時、緩いカーブを走りながら目の前で展開するロケーションが感動的でした。

私にも青春と言うものがあったとしたら藤田の医学生だった頃と述懐します。