Vライン形成(下顎骨削り、咬筋切除、バッカルファット切除)

Vライン形成 咬筋&バッカルファット 輪郭がVラインになるのを希望され、大きな変化も望まれたので、下顎骨削り、咬筋切除、バッカルファット切除としました。
下顎骨削りは顎の長さは変えなかったものの顎の横から下顎骨下縁をエラの角までスティック状に切り上げ、下顎骨外板をオトガイ神経の近くまで骨髄が露出するまで削っています。

さて小顔手術で良く言われるのはタルミですが、20代なら問題ないレベルまで回復するものです。この症例写真は術後3カ月なので後々の方が肌のハリが出る見込みです。

もう1つは顎付近を骨膜から剥離し骨削りをした後、軟骨部組織を十分前に引き出して骨に括りつけておかないと組織が後退して、二重顎が目立ったり口が閉じ難くなったりします。
以前、他院で顎削り・エラ削りしたものの正面の輪郭が小さくならず、口が動かし難い・閉じ難いという症状もある人が来られ、当院でVライン形成時、それも含めて手術しました。しかし術後にやはり口が閉じ難いと言われ、もっと顎を出したいとの希望も含め追加手術を2回行いました。
改善はしたとはお聞きしたものの、その後に来院されていないので当初は良くとも腫れが引いた後に徐々に拘縮して後戻りするのも憂慮します。
とにかく当院で3回もの手術となってしまいましたし、顎プロテ両端はオトガイ神経孔末梢に安定して置く余地がなく中枢側に置かざるを得なかった等、他院再手術というのは改めて難しいものと思いました。