判決原本とメール 【死ぬと言う患者(24)】

裁判の判決文の主文を画像で挙げます(画像クリックで拡大)。美容外科 裁判の判決文
それと当院に来られた患者さんから「ブログ読んでいます。大変でしたね。本当にどんな感じだったんですか?」と何人からも尋ねられたので、その一端としてメールの抜粋も挙げます。これは裁判で証拠として提出したものです(メール全文と抜粋部分)。メールの方が生の検診・相談時より彼(原告)の言い回しは控えめでしたが、下記(抜粋の抜粋)を読めば彼の発言が普通ではないのが分かります。
・・・この時は私は彼に本気と思い込まされていて、彼の為に全力を尽くしたのでした。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2012年4月10日21:04
「早い改善策をお願いしたいです。」
「今日にでも、見て頂きたい気持ちです。」
「今の状況(アップノーズ)を一刻も早く改善したい気持ちでいます。」

2012年4月11日23:48
「耳の軟骨を移植して鼻先を下げる方向で考えることにしました。」

2012年5月16日23:44
「自分自身、さすがに精神的にも限界であり、」
「まだ今回修正手術を受けて一日しか経っていませんので判断は難しいのはわかるのですが、」
「一日中この事ばかり考えていてもうどうすればいいかわかりません。」

2012年5月18日14:10
「まだ腫れているのでわかりませんが もし違った場合改善するにはどうすればいいのですか?」

2012年5月19日9:19
「正直三ヶ月も待てません。」
「僕はもう一年くらい仕事以外で人に会っていないですし、引きこもっていました。」
「もう家にいる生活から一日でも早く抜け出したいのです。もう一ヶ月も待てません。」
「どうしてもできれば早急に今の状況を改善したいんです。」

2012年5月22日 10:14
「鼻先はやはりもっと下げたいと思いました。」
「今は一日でも早く今の状況を変えたいばかりです。」

2012年7月10日 0:02
「三ヶ月は無理と断られたばかりですが、無理をしてでも早くしたい気持ちです。」
「どうしても無理でしょうか?」

2012年7月11日 10:20
「変形の可能性があっても成功する可能性もあるならやりたいです。」
「もし変形したとしても先生を責めたりする気はもちろんありません。」
「このまま何もしないで3ヶ月も人前に出れないで時間だけが過ぎるのを待つしかないならリスクがあっても早く改善したいです。」
「自分にとってのあと3ヶ月は長いんです。」
「もし変形して人前に出れなくなるならもうそれで諦めがつくと思います。」

2012年7月12日 8:31
「成功率が半分以下でもお願いしたいです。」

2012年7月13日 21:35
「来週中のできるだけ早くに小鼻の手術をお願いしたいです。」
「リスクなどは承知しています。」
「このままでしたら今まで受けた全ての手術を後悔します。」
「これであと三ヶ月も待つのは精神的に平常でいれる気がしません。」
「明日にでもまた手術を受けたい気持ちです。」
「来週のできるだけ早い日にお願いしたいです。」

2012年7月14日
「十分経ってから変形してしまった人がいるならこのまま期間を空けても変形などの不安があるということですよね?」
「どうせ同じリスクがあるなら早くやりたいです。」

2012年7月15日 18:22
「もう耐えられないんです。」
「このままで生活するとなると今までの全て手術を後悔しそうです。 」
「そうはなりたくないんです。だから早急にやりたいんです。」

2012年7月18日 20:33
「先生からしたら三ヶ月くらい待てと思うかも知れませんが、今の自分の精神状態では待てません。」
「どうか今週中、もしくは来週には鼻翼縮小を受けたいです。」
「もし何か変形などあってうまくいかなかったら人生諦める覚悟もあります。」
「それでもしてもらえませんか?」

2012年8月31日 10:26
「毎日マスクをしなければ外に出れません。鏡を見る度に死にたくなります。」
「こんな事を先生に言うのは申し訳ないのですが自殺も考えました。」
「ここまでしてくれた先生には感謝していますが、支払ったお金を返金して頂けませんか?」

2012年12月7日 8:06
「もう精神的におかしくなりそうなんです。」
「僕は毎日本当に死にたいとしか思わないんです。」

2012年12月7日 19:12
「夜も眠れないくらい悩んでいます。死も考えている僕によく先生は返金の事も必ず聞けと言えますね。がっかりしました。」
「もう逃げないで下さいよ。」

2012年12月7日 20:25
「次うまくいかなかったらもう終わりです。」
「本当に次の手術が肉体的にも精神的にも最後です。」
「もう次うまくいなかったら生きていく事を諦めるつもりです。」
「木村先生は成功する自信があって明日手術すると言ってくれているんですか?」

2012年12月8日 10:15
「不安ばかりで自分でも何が正しい判断かわからなくなっているので。」

2012年12月8日 14:45
「何回も言う様ですが、次でうまくいかなかったら生きていく自信がありません。」

2012年12月13日 11:17
「もう何もしていない間は死にたいという思いしか浮かばないので早く見てもらい早く改善したい。」

2012年12月13日23:44
「次の手術で自分は今後生きるか死ぬかが決まるんです。」
「今週で18時30分カウンセリングできる日を教えて下さい。」

2012年12月14日 2:58
「そもそも鼻先を下げたいと思った事は一度もありませんでしたし希望もしてません。」

2012年12月16日 22:15
「次は命をかけています。大袈裟だと思うかも知れませんが本当です。」
「時間がありましたら送ったページ以外にも全てに目を通していただけると有り難いです。」

2013年1月3日22:29
「僕は次の手術で生きるか死ぬかが決まります。」
「木村先生は僕が言っている事を大袈裟に思っていますか?こんなに悩んでいる事をわかってはくれませんか?」
「それとも木村先生からすれば所詮人事でしょうか?」

2013年1月24日 22:09
「もし今回の手術でも鼻が曲がった場合、一週間以内に修正する事はどう思われますか?」
「うまくいくのか不安で仕方ないです。」

2013年1月25日 22:27
「では手術直後の曲がりなら治すが、翌日から一週間だと曲がっていても治してはもらえないということですか?」
「翌日に曲がっていたら腫れが引いた時にも絶対曲がっていますよね。」
「先生にとっては博打的な手術なんですか?」

2013年1月26日 21:24
「ただ一ヶ月待つだけなら同時にしたほうがいいんですか?」
「それに三ヶ月は待てません。」

2013年1月29日 9:55
「別に脅しとかプレッシャーをかけたいわけではなく、次うまくいかなかったら三ヶ月後に生きてる自信は本当にないんです。」

2013年2月1日 3:29(術後1日後)
「若干左寄りな気がします」

2013年2月2日 3:26 (術後2日後)
「鼻先が下がりすぎている印象もあります」

2013年2月2日 3:34
「左側がへこみ?みたいになっていて軟骨が足りなかったのかなと思います」

2013年2月2日 10:47PM
「今度は左がひきつっている感じに見えます。」
「不安なので抜糸前にまたみてもらえませんか?」
「早い時期に時間は何時でもいいので先生にみてもらいたいです。」

2013年2月4日 3:34AM(術後3日後)
「鼻が曲がっていることです。」
「とにかく早くみて処置をしてもらいたいです」
「一週間以内に手術なら自分は納得できますが、また三ヶ月は待たなければいけないという事になるならもう生きていけません。」
「頭がおかしくなりそうです。」

2013年2月4日 11:55PM
「画像でいうと左の部分が引き攣っていて左右対象に見えないんだと思いました。」
「今までにプロテーゼの入れ替えのために今回で5回もこの部分からプロテーゼを入れ替えたために引き攣ってしまったんだと思います。」

2013年2月5日 8:59
「腫れていますが、まだ傷口をひらけるうちにやりたいのです。」

2013年2月9日 8:40
「5日は急な手術にも関わらずありがとうございました」
「今回、今までの手術で1番理想に近づいた気がしますが鼻柱のでかただけが気になります。」
「この腫れが引いたときに術後直後のような変な鼻で尚且つすぐに処置をしてもらえないならならもう死にます。」「この鼻が抜糸のときに希望通りいってないならもう死にます三ヶ月待てなんて今の僕に軽々言わないで下さい。」

2013年2月12日 8:33
「早めに今まで送った全ての疑問の答えを教えて下さい。」

2013年3月4日 7:05
「1月31日にうまくいかなければ死ぬという覚悟を決めていました。」

2013年3月4 7:06
「もうどうあがいても自分には死しかないのではと考えてしまいます。」

2013年3月6日 5:23
「二ヶ月目に手術やるという意志は変わりません。それはもう生きていくのにそれ以上普通の生活ができないのを我慢するのは無理だからです。」

2013年3月11日 19:56
「確かに落ち込んでいて死にたいと考えます」

2013年3月23日 8:09
「僕は本当にうまくいかなかったら死ぬ思いまで追い詰められてるんです。」

2013年3月26日 14:26
「もうただ部屋で天井を見上げているだけの毎日です。」
「刑務所にいるのと同じです。」
「早く返事がほしいです」

2013年3月27日 6:36
「先生からしたらたくさんいる患者の一人かもしれませんし、手術が失敗しても何も思いませんよね。」
「プロテーゼがズレたくらいにしか思わないですよね。」
「僕には十分死ぬ理由になります。僕が本当に死を考えている。」
「自殺したって家族にも誰にも先生を責めさせる様な事はしません。」
「それはちゃんと遺言に書くつもりです。」

2013年3月27日 7:01
「先生に手術をしてもらうために死を口にしているわけでもありません。」
「楽に死ぬるならいますぐにでも楽になりたいです。」
「死という逃げ道が常に頭にある、毎日悩むくらいなら死んで楽になりたいな。」
「自分が死んだあとに先生には迷惑かけたくないから、その事をちゃんと遺言に書かなきゃな。」
「死を考えても尚、本当は普通に生活したい思いが込み上げてきて、希望をもってしまう自分が嫌になります。」

2013年3月27日 23:34
「僕が本当に死を考えるほど悩んでいる事、」
「冗談や脅しで死を口にする程、僕はずるい人間ではありません。」
「僕は今の見苦しいまま社会復帰するくらいなら死を選びます」

2013年3月29日 11:17PM
「これで左右対象にならないのなら、僕はもう生きて行くのをやめます。」
「それで普通の鼻にならないならもう生きれません。」

2013年3月31日 2:22
「鼻筋を治すためにプロテーゼ入れ替えをするのにあと二週間ありますがそれですらもう気が遠くなるほどです。」 「普通の鼻にならないならもう生きれません。」
「他の患者さんとは違うんです。」

2013年4月1日3:48
≪ひとつ目≫超短期間の手術となるが、鼻の再手術をする
≪ふたつ目≫鼻の手術は三ヶ月待つ代わりに目を大きくする2つの手術と涙袋注入療法をタダで行う
「ふたつの提案以外は考えられないと言いました。」
「先生は今度は三ヶ月間他の仕事をして待てと?今更そんな事をするなら死にます。」
「あのふたつ以外の提案を、しかもまさか仕事をして三ヶ月あけろなんて言われると思いませんでした。」
「前のメールの通りふたつの提案から選んで下さい。」
「僕の次やりたい仕事はアパレルやホストだからビジュアルが大切なので」
「 僕にとってかっこよくなるための時間以外はすべて無駄な時間です。」
「僕が死んでも、遺言には先生の事を責める人はいない様に書きます。もちろん責めるのもおかしいです。 」
「でもきっと僕が自殺したら理不尽だけど責めたくなる人がいるかも知れないからそれは絶対ないようにします。僕の家族はそんな事しませんから。だけど、お線香くらいあげにきて下さい。」
「どちらにせよ次でプロテーゼや皮膚移植をやって左右対象にならないなら死にますから。」
「嘘だと思うのならば、わざとうまくいかない様にすればいいですよ。本当に死にますから。」
「できるだけ早く返事下さい」
「昨日おくったメールのふたつの提案から先生が決めて下さい。」

「どう足掻いても死ぬしか楽になる道はないんだと改めて思いました。」
「 木村先生に罪意識を持ってほしいから死ぬわけではありません。」
「もう悩みたくないし楽になりたいんです。」

2013年4月2日10:58
「僕は命がかかってるんですよ。」

2013年4月7日22:13
「もし三ヶ月待った方が鼻のためにいいのなら、その間仕事はできませんから目の手術をして下さい。」
「改善しないなら死ぬと言っているんです。」
「その間に目の手術をして下さい。」

2013年4月7日22:17
「先生が僕が悩んでいたりうまくいかなかったら死ぬのが嘘だと思うなら僕の今の生活をみてほしいくらいです。」 「刑務所にいるより苦痛です。なんの楽しみもありません。毎日死ぬことばかり考えて、寝るときにはいつもこのまま起きなければいいのにと思います。」

2013年4月8日10:04
「自殺も考えているんです。」
「手術がうまくいかなければ自殺を考えている僕の気持ちがまだわかってもらえませんか?」

2013年4月9日6:44
「次の手術で生きるか死ぬかがかかっているんです。」

2013年4月9日6:45
「自殺を考えている人の気持ちがわかりますか?」
「命も失うかも知れません。」

2013年4月9日6:47
「自殺しようと考えている状況なのに他の患者と同じくとか悲しいですよ。」

2013年4月9日6:49
「何通か送りましたができるだけ早く返事下さい。」
「もう先が見えなくて限界です。他クリニックの話などされても困るのでやめて下さい。」

2013年4月9日6:54
「それとも死ねと思っているんでしょうか?」
「次で生きるか死ぬか決まるのに、」
「それとも早く死ねということですか?」

2013年4月9日6:55
「僕は命がかかっているんです。」
「命まで奪うつもりなんですか。」
「自殺を考えるしかないくらいです。」

2013年5月1日12:36
「もう死ぬしかないのかと覚悟を決めるしかないんでしょうか。」

2013年5月1日22:42
「早く返事下さい」
「自殺しかこの苦しみから逃れる方法はないと思っています。」
「明日には絶対みて下さい。」 「
何時でもいいです。」
「解決策も今後の事もなにもわからない今の状況は本当に苦しいです。」
「一秒でも早く先生にみてもらい解決策を考えてほしいです。」
「今からでもいいなら行きます。」
「早く返事をして下さい。」

2013年5月1日23:45
「評価には早すぎる等言われますがもうこのままなら死にますから。」
「先生が手術をして変形し僕は仕事も人間関係も若い貴重な時間も全て失ったんですよ。」
「明日絶対みて下さい。」
「時間は何時ですか?」
「もう先行きの見えないのに生きてるのは堪えられませんから絶対明日はみて下さい。」
「そして今後のことをきめて下さい。」

2013年5月3日10:03
「僕はもう限界が近いんです。生きるか死ぬかが決まるんです。」
「先生は死ぬなんて大袈裟だと思っているんですか?」
「寝るときはいつもこのまま起きなければいいのにと考えています。」
「一日トイレ以外ベッドから起き上がる事もないです。」

2013年5月6日10:31
「鷲鼻部分の骨を削ったのは木村先生なのになんでそんな無責任な事を言うんですか?」

2013年5月8日8:20
「内心では死ねとか思っているんですか?」
「本当にうまくいかせようとしてくれてるんですか?」
「惨めに生きていくなら死を選びます。」
「死んだらちゃんと線香でも上げに来て下さいよ?」
「若い時間や左右対象の鼻、仕事、お金、ここまで僕から色んなものを奪ったじゃないですか。」

2013年5月19日8:04
「死んだら、ただお線香をあげにきて欲しいです。」
「もうだめかも知れません。」

2013年5月22日23:52
「死ぬ話から先生は逃げないで下さい。」
「期間はかかってもとかよく平気で言えますね?」
「期間をかけてとか平気で言いますがその間の生活費だしてくれるのですか?」
「失った若い貴重な時間を返してくれるのですか?」
「鼻だけではなく心にまで残る傷痕を治してくれるのですか?」
「死の話から逃げていますけど脅しだとでも思うならそれでいいです。」
「僕が死んでから脅しでなかったと知ればいいです。」
「それを大金払って変形させられたんです。」

2013年6月7日6:54
「19時にカウンセリングではだめですか?」

2013年6月10日20:43
「精神的に辛くて希望が見えないし、自殺した後のことを考え、できるだけ自分がいなくなった後に家族に負担がない様にどうすればいいか、どうやって自殺するかを常に考えている毎日です。」

2013年6月12日23:45
「あと手術前にプロテーゼを見せてもらってもいいですか?」

2013年6月19日21:14
「もう死を受け入れます。」
「前にも話した通り、弟が修学旅行の日に自殺しようと決めて生きてる間にできる限りの準備をしています。先生が先程のメールのような弱気な姿勢でならもう手術は受けたくないです。」
「死ぬ前にもう無駄に痛い思いはしたくないんです。」

2013年6月19日21:31
「前もって予想で加工したプロテーゼだと不安です。」
「それと無駄になってしまいますが、この間も話しましたがプロテーゼはナンパターンか用意してほしいです。」

2013年6月24日0:03
「仮に自殺することなく生きていけるならホストやクラブではブラックライトが必ずあります。」

2013年6月24日6:24
「もうこれで生きるか死ぬか決まるんです 死ねと思っていないならきちんとみて対応して下さい」

2013年6月27日6:18
「この鼻筋を改善できないならもう変形は治せないと言うことだと思います。」
「もう死ぬしか道がなくなります。」

2013年6月27日10:06
「変形した鼻筋が治らないならもう死ぬという決断にするしかないんですから。」
「治して下さいよ。」