団子鼻の鼻尖縮小

昨日は『男性の美容整形の基本は鼻だ、鼻スジだ。鼻の手術には団子鼻を治す鼻尖形成や小鼻の膨らみを治す小鼻縮小もあるがそれほど酷くなければ、まずは隆鼻術』という事で書きましたが、女性の場合は趣きは異なります。
女性の場合、冒頭の右上画像のモニターさんの様な人にシリコンプロテーゼを入れるのは物をプラスする事になりますから、鼻が大きくなりシリコンプロテーゼで尖りはするがスッキリ感は得られず右の画像の白人に似せる事になるのですが、これでは『立派な鼻』にするものです。
『立派な鼻』になるとは多くの日本女性は好まない傾向です。鼻は『忘れな鼻。』見た人にとって後で思いだそうとすれば「キレイな鼻だったけどハッキリ思い出せない。」という感じ。もしくは『自己主張の強くない鼻』『存在感が余りない鼻』が好まれます。その分、「目は大きく、目力があり、印象的。」というのが若い女性の希望として多くあります(尤も、美しく存在感のある鼻を希望し鼻中隔延長+I型プロテーゼを希望する人も又、少なくはありません)。
ですが手術を担当する医師からすれば鼻の手術はシリコンプロテーゼは比較的簡単な手術であるのに、鼻尖縮小はかなりの手間を要し、キチンとした変化は出し難いものです。
手術でロクに組織を取っていなければ、術直後のギブスの圧迫を強力に行い鼻孔内に肉を押し寄せさせておいて、ギブス除去直後は細く見せて後で鼻孔内の肉の位置が戻ると伴に外から見た鼻の太さが戻って来るという拙劣な結果となり、満足できていない患者さんも少なくありません。
鼻尖縮小とは①軟部組織除去、②鼻尖部の軟骨縫合、③余分な軟骨の除去、そして必要があれば④鼻先軟骨移植・・・この4工程が求められるのです。これをキチンと行ってはじめて長期経過観察後も良い結果が維持できるものです。(画像の術後とは5ヵ月半後です。拡大画像は≫こちら