なぜ「偏差値50未満」でも一流の外科医になれるのか(順大教授)

amano-hensati50(画像は2枚ともクリックで拡大可) 天皇陛下の手術をされた順天堂大教授の天野先生の表題の記事を読み、興味深くありましたので、正月でもあり戯言を書かせて頂きます。

私も子供の頃、プラモデル作りは好きでした(それに園芸も大好き)。そして単なる公立の中学生の頃は相対的に秀才で、理科・特に化学は高校のチャート式参考書を読み込んでいたので、ここは天野先生並みに神童級でした。

そして私も県下の進学校に430人中の50番位で入学していますが、卒業の頃は300番台でした。天野先生は麻雀やスキーに熱中のためと書かれていますが、私の場合、親元離れて霊感に傾倒した祖父母の元で世迷い事に毒されて受験勉強に専念出来なくなったのでした。それで涅槃に達するためというか倫理社会は凄く勉強しました(単元毎に専門書か岩波文庫の青帯を買って読む等)。また世界史の西洋史の部分と地理Bもかなり勉強しています。しかし理系受験生としては駄目で当然の如く浪人となりました(昭和54年)。祖父母は高校卒業までに亡くなっており、読書と思索に耽るには1人古家に住み続けるのが良いと思い一浪時は予備校に行きませんでした。amano受験勉強の方は図書館にでも行ってするかとしましたが、天野先生と同じく6月頃で止めになって、漫画に傾倒して行きました(天野先生はパチンコ。手術で役立っているとありますが、私の漫画も同様)。晩秋には『漫画家になりたい!』との衝動が抑えられなくなり、投稿を行うようになりました。 しかし約1年で限界を悟り、落選で踏ん切りをつけ、11月下旬になってから受験勉強に向かい毎日16時間続けましたら翌年、藤田保健衛生大学医学部に合格しました(昭和56年。当時の名称は名古屋保健衛生大学)。しかしそこは当時、駿台では偏差値50なかったものでした(代ゼミでは50はあったはずです。その後バブル経済崩壊までは私立医学部の偏差値は更に落ちて行きます)。=続く=