なぜ「偏差値50未満」でも一流の外科医になれるのか(続き)

藤田保健衛生大学医学部は当時は駿台の評価で偏差値50未満でしたが、それは補欠での最終合格者の偏差値であって、同学年の3分の1位はなかなか優秀だったと思います。それは東海地方は私立医大が藤田と愛知医大の2つしかなく、前年度に愛知医大が新聞沙汰になる醜聞を賑わせたのと、当時は国公立の受験は年1度しか出来なかった関係で、その滑り止めに藤田がなっていたからです。
なお、『こんな人が医師になって大丈夫??』と思える人も少なからずいましたが、後に留年の上で退学となっています。
入学後の私はアニメ部とテニス部に入り色々励みましたし、遊び上手な級友に同行して、遊びとはこういうものか?と体験も積ませて貰いました。
amano-benkyoしかし、天野先生も「医学部に入学してからの私は一生懸命勉強に打ち込みました。」とありますように(画像クリックで拡大)、私も医学部3年から全て医学系の講義と試験だけになる際、もう勉強に専念すると決意しましたから、1学期の期末試験は全勝できました。全勝者は9名でした。以後卒業まで勉強中心の生活を送りました。5、6年生になると進級判定とは関係ないそうでしたが、年25回、医師国家試験模擬試験が土曜の午後に課せられました。私は5年生の9月に内科の“代謝”の単元でこの試験において初の学年1位となりました。この事をどう捉えるは各人各様でしょうが、当時25歳になっていた私は『やってみて明確に結果を出せる成功体験が自分には絶対必要』と導き、今後この模擬試験に全力を投入すると決意しました。結果は5年生の3月末までの残り11回の試験で学年1を取れたのが8回です。順位は掲示されていましたから、級友が「(進級に直接関係ない試験で)何でそこまで頑張るのか?」と訊くので、「自分を試しているだけだ。」と答えていましたが、この言葉通りでした。この体験は私の後の人生に繋がって行ったものです。

一昨年、藤田学園から新大学病院を建てるので寄付のお願いの郵便が届きました。私は医学部卒業後は藤田とは完全に縁が切れていますが、『今の私が在るのは藤田時代があってからこそ!』との思いは相当強いので、100万円の寄付をしました。