判例研究

当院院長は、大学で判例の研究をして学位(医学博士)を取得しました。
医療の判例の中には明らかにおかしいものがあります。それは医療の分らぬ裁判官がジャッジするからですが、医療が分らぬなりに、分かっていそうな証人医師や鑑定人医師に頼って判断を下しがちなのですが、この証人や鑑定人に問題があれば、結果的におかしな判決になりがちです。

その1例を挙げさせて頂きます。

概要執刀医証人医師鑑定医裁判長問題1問題2判決の工夫

30歳女性(身長156.5cm、体重64kg)が太腿内外の局所麻酔日帰り脂肪吸引後の3週間後に急死した。 死因は深部静脈塞栓・肺塞栓(俗に言うエコノミークラス症候群)だった。 遺族は、太腿の脂肪吸引のために起きたと、医師2人を刑事告発ならびに民事訴訟提訴を起こした。 美容外科手術で死亡事故が起きたと報道
  (閲覧注意:以下2つは死体解剖の生写真が表示されています)
事件の詳細と裁判の経過はここをクリック
形成外科等(での脂肪層内の)手術後しばらく経ってエコノミークラス症候群で死亡事故があれば医師に損害賠償を負わせられる(先駆例)はここをクリック

事件とされたクリニックは新規開業して間もなかったため、患者手術日に開設管理者の院長(以下「A医師」と呼ぶ)が不在で、出向を頼まれた他院の毎日のように脂肪吸引を行っているベテラン医師が呼ばれ、カルテにある院長と思われる術前カウンセリングでの予定通りの太腿内外の局所麻酔日帰り脂肪吸引を患者に行った。
吸引した脂肪の量はTumescent液(脂肪ふやかす局所麻酔剤を含んだ主に生理食塩水)の含有量も含め900ccだったので純脂肪換算で540cc程である。患者はリカバリーで休んだ後で、独歩で帰宅した。

  患者は抜糸予定日にも来院せず、執刀医が別日にその医院に再び出向する際に合わせて検診予約を取ろうと受付から電話すれば、患者は「(本人じゃなく)姉」であると述べるなど意思疎通ができない事があった。
裁判になって分かった事実は急死患者は日頃から多数の向精神薬などの薬を服用しており、母親も長年精神病院に入院していた。   なお太腿内外の脂肪吸引の12日前に、上記のA医師から患者は下腹部と上腕半周の局所麻酔日帰り脂肪吸引を受けていた。脂肪吸引量は2100ccでTumescent液を含んでのものと思われる。
A医師も開設管理者として提訴されたが、第1回期日後に自己破産して裁判から抜けた。 

杏林大学法医学の佐藤喜宣教授は剖検で、右の太腿の中央部の脂肪層内の大伏在静脈内に微量の一部器質化した血栓を見つけた。
この人は民事訴訟では証人医師として法廷に出頭、本来の下肢深部静脈である「大腿静脈と下腿静脈には特記することはない。」と以前回答どおり供述もした上で、「大伏在静脈とは下肢深部静脈である」と医学的に間違った見解を再三述べた上で、右太腿中央部の大伏在静脈内に微量の一部器質化した血栓の存在を「起源」とする下肢深部静脈血栓症と診断。そして「血栓性静脈炎」と静脈血の鬱滞による深部静脈の「静脈血栓」を混ぜこぜで話を作って、更にまた虚偽の証言も混ぜて、右太腿中央部の大伏在静脈内に微量の一部器質化した血栓の存在が肺塞栓に繋がり急死に繋がったとの心証形成を裁判官に持たせた。

  ⇒杏林大学法医学教授だった佐藤喜宣医師の医学的大間違いと虚偽(嘘)はここをクリック

昭和大学病院形成外科の原口和久医師は鑑定人になって、脂肪層にある表在静脈が原因で肺塞栓を起こすと鑑定したが、提出した裏付け資料は鑑定に沿っておらず反対の内容もあり、また血管外科的に詳細な病理所見に照らすことを省いて本件の太腿内外の局所麻酔・日帰り脂肪吸引が深部静脈血栓・肺塞栓原による死亡原因と鑑定した。
また執刀医が術前の血液検査やレントゲン撮影等の検査義務を怠っていること、術後数日入院させなかったことを過失と鑑定した(なおその医院に血液やレントゲンの検査機器は無い)。
そして脂肪吸引から20日後に患者が階段から落ちて捻挫したので診て欲しいとアポなしで来た際、執刀医は予約患者の手術中で、受付は診療科違いで他科転医を促したが、そのことをその時点で執刀中の医師に告げていなかった中で、原口鑑定人は「診察すべきだった。」と鑑定し、それは判決文に反映された。

  ⇒昭和大学病院の医師の鑑定書は不適当で添付資料が裏付けにもなっていない欺きがある等はここをクリック

訴訟終盤に被告弁護士が「聞くだけで良いから」と出頭した被告医師に裁判長はいきなり和解額4000万円を言い放った。
死亡事故事件後に医院は閉院し院長は自己破産、それで全てが執刀医に掛かったが、医師賠償責任保険は美容に使えないこと、当時は美容医療の保険が無かったこと、勤務医の被告には経費で落とすことすら出来ず、全く自腹で弁護士費用・裁判費用を払っていることを伝えてある中での4000万円の要求だった。もちろん和解など成立しなかった。
  裁判長は脂肪吸引と死の因果関係の立証はなかなか難しいが、これは「期待権の侵害と軌を一つにする。」として(これは齋藤氏の発言から後年分かった)、執刀医に賠償を課す際に、予約手術中の患者を放置しても、捻挫を診て欲しいと来た翌日急死する患者を診断していたら急死を防げた可能性があると550万円+金利の判決を下した。

齋藤隆裁判官は“洒落”で判決を書いていた(法の冒涜)はここをクリック
(“洒落”とは最高裁で否定された「期待権の侵害」と軌を1つにするとし賠償を負わせた事)
(齋藤氏は今は「ひかり総合法律事務所」に弁護士として所属)

佐藤喜宣伝教授が証言した「大伏在静脈は下肢深部静脈」とは医学的な大間違いで表在静脈であること、右太腿中央部の大伏在静脈内に微量の一部器質化した血栓が見つかったところで、孤立性血栓に過ぎず、それが深部静脈血栓とは無関係なのが医学的には当然である。
しかし佐藤喜宣伝教授の口頭だけの太腿中央部の大伏在静脈内の血栓は深部静脈に繋がっていた(この場合十数cmに渡ることになる)との嘘の証言や、静脈炎による「血栓性静脈炎」と深部静脈の流れの鬱滞による「静脈血栓」を混ぜこぜに証言して裁判官に医学に基づかない間違った心証形成をさせた。
また大学病院所属の原口鑑定人は血管外科には全くの素人であり、鑑定人選定自体が誤っている。
そして原口鑑定人は鑑定事項の回答の裏付けとして出した論文が裏付けになってないものばかりや、むしろ反対の事を書いている抄録もあり、大学病院医師が街の美容外科医を潰しにかかったとしか思えない論評となることさえ有り得ると思える。
それが尤もなのは(手術中の予約患者を放り出しても)美容クリニックで捻挫にアポ無しで来た患者に医師は受付から来院を告げられてもいないのに「まず診察すべきであった。」と鑑定していることである。

佐藤喜宣伝教授の「大伏在静脈は下肢深部静脈」の誤った大前提での供述は被告医師側に想定外だったので、代理人弁護士は事前の反対尋問を続けることが出来ず、被告医師が続いて医学的な誤りに対しての矛盾を突く反対尋問をしようと挙手したが、裁判長は「一度発言の機会を与えたので二度目は与えない。」と却下し、直ぐ右陪席の裁判官の短い尋問に移り佐藤教授の尋問は終了したが、予定終了時刻まで1時間余り前に終わらせており、これは被告医師への判定尋問権を阻止した違法な訴訟指揮であった。
また「「~二度目は与えない。」との自らの発言を調書から勝手に省いて印刷させるなど、裁判の公正さを全く欠くものでもあった。
更に捻挫自体は翌日の急死に繋がるものではないし、捻挫とは別に翌日の急死に繋がる深部静脈血栓があったとしても、エコノミークラス症候群同様に、診断機器も無い中では医師が診断をつけることは殆ど不可能であった。
このような被告医師側の数々の主張や立証の証拠も殆ど読んでいないが如く、証人佐藤教授の調書と大学病院医師の原口医師の鑑定書に頼った判決文となっていた。

  太腿内外の脂肪吸引の12日前に、A医師は下腹部の脂肪吸引を鼠経部アプローチにて吸引管を刺入しているので、本事件の剖検で深部静脈である腸骨静脈に一部器質化した血栓を多量に見つけた点から、距離的に近い鼠経部アプローチによる可能性を被告医師は主張した。
鼠経部では深部静脈は股関節の前を超えて通って来るので比較的浅く、A医師の技量が拙劣なら脂肪吸引操作のつもりが何度か右外腸骨静脈を突く操作を行った可能性は考えられるが、剖検では調べておらず、この推論は無視された。
(大伏在静脈内の微小血栓は太腿中央部の孤立性血栓であり、剖検で腸骨静脈より末梢の深部静脈である大腿静脈に「特記することはない。」との剖検での回答から考えると、右腸骨静脈に一部器質化した血栓を多量に見つかったことはA医師の手術で独立して起きたとも考えられる。A医師は実は内科医で、卒後は大学院の4年間を除けば臨床経験3年半であり、内科医がどれだけ脂肪吸引のトレーニングを受けたかは不明である。それもB医師は主張したが、被告を外れたA医師の責任は一切判決文で取り上げられることは無かった。

齋藤隆裁判長は、予約患者を放り出しても『捻挫』を診なかった過失と翌日の死の因果関係を拵え、被告医師に550万円+の賠償を課した。だだ判決文の後ろの方では、捻挫での来院を『下肢深部静脈血栓』に伴う下肢の痛みという表現にすり替えて判決文を拵えた。
大阪の小田耕平弁護士は民事法研究会の自らの著書の中で「深部静脈血栓症と肺動脈血栓症」では、患者の請求は東京地判平成23年12月9日で認容、東京地判平成24年5月17日で棄却を挙げた上で、本事件に関しては「最判平成12年9月22日の論理を踏まえるとともに、被告執刀医が患者の診察を行わなった点」これを「因果関係の認定に工夫がみられる。」と評しているが、これが科学論文においてはAで結果が出せない時に、Bで結果を出してAの結果にすることは厳しく断罪される中で、それと同様の判決文であった。